Entry: main  << >>
イラストのお仕事
0

    しばらく更新を怠ってました。
    相変わらずバタバタとすぎ、やっと一息ついたところです。
    今年もよろしく!もう2月ですが…(笑)。

    私のやっているメインは立体ですが、年に数回ほどイラストも描きます。
    『イラスト』と言っても1枚ものの作品的な絵ではなく、現地を取材して絵と文でレポートするものがほとんど。自分で企画を立てて取材先を決めて、行った、見た、描いた!な記事が得意です。

    年末年始とたてつづけにイラストを描く仕事が続きました。
    年末は、福祉の記事の方は、病院や老人施設に出張して散髪を行なう「福祉理美容師」さんのお仕事を密着取材。
    昔からの友人がこの仕事をやっていたので、一度取材したかったのです。

    福祉関係の施設などを取材させてもらう場合は、色々と制約があったり表現に配慮の必要な場合があります。
    現場に行って臨機応変に対応しつつ、構成を考えながら取材して、戻ってきて描く。状況を見ながらいかに信頼される誠実な取材できるかが肝。

    今回は知り合いということもあってリラックスしてできた部分と、だからこそ手を抜けない!というプレッシャーの両方ありましたが、最終的にはなんとかフィニッシュ。
    友人の職業人としての一面も見られて感動。

    いつも読者の方々に伝えたいことが多くて、毎回ダサいほど画面がギュウギュウに…(ばっちい系)。
    情報量が多く、画面としてはスッキリが今後の課題です。

       *   *   *   *   *   *
    今年の初仕事もイラスト。昨年の晩秋に取材に行ったニセコ(正確には蘭越)の木工房・湯ノ里デスクのお仕事場探訪をイラストとテキストで。
    この「湯ノ里デスク」さん、なかなか面白い活動をしている東京出身の二人組。廃校になった小学校を工房とショップにしてマイペースで仕事をしている様子をこまごまと描きました。
    (詳しくは湯ノ里デスクweb参照。写真も文章も最高!)

    こちらは同世代ということもあって、取材というより友達のうちに遊びに行っちゃったみたいに長居してしまいました。

    いつもはミリペンとマーカーと紙、という超アナログツールで描くのですが、今回は新境地開拓!
    ということで(ってほどでもないけど)、初めてペンタブレットとMacで挑戦。とは言え、『鉛筆の下描き×水彩えのぐ風着彩』なのでほとんど手描きにしか見えませんけど。
    画中、赤いスリッパが上手く描けて満足!(うーん、4ページあって一番の出来はスリッパか…)
       *    *    *    *    *    *

    こういったイラストの仕事は、さらっとやってる風に見えて本人はかなり悪戦苦闘。
    やればやるほど、自分の下手さが気になる。
    でも毎回色々な人と新たに出会えること、そして皆さんが私の絵で喜んでくれることがとても嬉しい。デザインはエンドユーザーの反応がなかなか見えないので、イラストのように自分の絵が直接喜んでもらえるのを実感するというのは素敵なことです。

    もっとうまく描けるように、もっと精進せねば!

    chiori ito design office HP
    | chiori66 | 16:11 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode